第1回マフォン大賞 発表

第一回マフォン大賞へのご応募、誠にありがとうございました。

 

当初は応募数も少なく、このまま終わってしまうのかとも不安に思いましたが、

締め切りが近くなるにつれ、次々と力作のご応募が相次ぎ、

最終的には150点を超すご応募をいただきました。

 

スタッフ一同、感激しております。

本当に、本当に、ありがとうございました。

 

また、素晴らしい作品の数々を前に、選考も大変難しかったことをお伝えしなければなりません。

 

どの作品も、作り手の思いにあふれ、そして、マフォンの生地への思いにあふれていました。

皆さまの日々の生活に、

誰かへのプレゼントに、

自分がより美しく楽しく暮らすために。

そんな幸せな一瞬に、マフォンの生地が寄り添っていられたこと、

本当にうれしく思いました。

 

そんな力作の中から、

作品への思い、新しい布の使い方、写真の美しさ、などを審査基準に、

≪マフォン大賞 1名≫

≪優秀賞 5名≫

≪佳作30名≫

を選ばさせていただきました。

 

maffon + excitement = happiness な作品がいっぱいです。

 

 

では、発表です!!

 

 

≪マフォン大賞≫

chi&chi様

「mano a mano matto」

マフォン大賞

マフォン大賞2

マフォン大賞3

作品を作った残りのハギレも捨てるのがもったいなく、5年間かけてためたハギレでマットを作りました。100均のすべり止めに、細かく切ったハギレを結び付けていきました。色合いなどは気にせず、ひたすら結びました。

 

伊藤部長「5年間、ハギレを集められて作られた大作。こんなにマフォンの布を好きでいてくださること、こんなに大事にマフォンの布をしてくださること、そのことに心を打たれました。本当にありがとうございます、という気持ちしかないです。マフォンとともに歩んでくださることに感謝いたします」

 

小林デザイナー「ハギレを捨てられない方はたくさんいるはず。そんな方へのアイデア提案も込めて、選ばさせていただきました。このふさふさの中に、過去の配色、今は作っていないものも入っています。昔を思い出して、懐かしく思う配色もあり、とっても感慨深かったです。本当にありがとうございました!」

 

chi&chi様のHPはこちら → CHi&CHi https://minne.com/@chihacoco

 

chi&chi様には、

これまでにマフォンで販売したリバーシブルジャガードニットのデザインの中から1柄選んでいただき、お好きな配色で編んだオリジナル生地10mをプレゼント、もしくは、マフォンのお好きな生地を1m×10枚をプレゼントさせていただきます。

 

 

 

≪優秀賞 5名≫

みんみん様

「6つ子ベビー!?」

image1

マフォンのハギレで毛糸のポンポン付きフライングキャップを作りました。柄を変えてたくさん作ったので、同じ産院で産まれたお友達へプレゼントして記念撮影。服もボーダーで揃えて6つ子ちゃん風コーディネートです。

 

伊藤部長「文句なし!若いエネルギーが伝わってきました(笑)。同じ産院で産まれたお友達とのこと、新しい仲間が広がっていく楽しさを実感できるときかと思います。副賞のサンクスパックでも何か作って是非皆さんでコーディネートしていただければ嬉しいです」

 

小林デザイナー「赤ちゃん一人でも十分かわいいのに、×6!!マフォンスタッフも、子育てをしたことがあるので、赤ちゃんを6人がそろう日程を調整して、体調も管理して、しかもボーダー服もそろえて・・・なんて大変なハードルをいくつも越えてこの写真があること、よーく分かります!赤ちゃんの頃って、子育ての一番大切で、大変な時期。そんな時期にマフォンの生地が寄り添えていること、本当にうれしく思います」

 

 

 

ぼちぼち様

「紫陽花コサージュワンピース」

sisyuu

sisyuu2

アナベルの生地でAラインのワンピースを作りました。柄の上に刺繍をして、コサージュに見立てています。簡単な刺繍ですが、ポイントができてお気に入りの一枚になりました。

 

伊藤部長「センスの良さに驚かされました。アナベルを使っていただけたお洋服はたくさんあるのですが、それにさらに刺繍、しかも簡単な刺繍をするだけで、こんなに特別な一枚になることに、驚かされました」

小林デザイナー「何でもない1枚が、特別な1枚になることを教えてくれる、そんな作品だと思います」

 

ぼちぼち様のInstagramはこちら → https://www.instagram.com/hmfmds/

 

 

 

 

risa様

「宝箱」

hako2

hako

春先に祖母の形見分けで、小さな引き出しを家に迎えました。古いものだったので、中をリメイクすることに。4歳の娘生地を選んで製作しました。お気に入りのワンピースやカットソーのハギレで作れたことに、娘は大興奮でした。生地がかわいくて、開けるたびに楽しい気持ちになります。早速、宝物のビーズや貝殻を入れていましたが、いつか娘のお裁縫箱になればいいなぁと思います。

 

伊藤部長「私も真似したい、と思った作品です。代々受け継がれる大切な小さな引き出し。次の世代へと受け継がれるものにマフォンの生地を使っていただいたことが本当にうれしいです。しかも引き出し一つ一つに全部違う柄、ポップなものを使っていただいたことも、うれしくなりました」

小林デザイナー「想像つかない使い方!ニットって、硬いものとの相性はあまりよくないイメージがありますが、こんなに素敵に仕上げていただいて、感動です。すべての引き出しが違う柄で、開けて、のぞく、という新しい楽しみ方を教えてもらった気がします!」

 

 

 

森本小由里様

「ずっといっしょに」

photogenic

photogenic2

愛犬の服作りを始めて、マフォンを知りました。よく動く愛犬にはニット生地が一番!愛犬とおそろいのTシャツも作りました。出来上がりまで時間がかかりましたが、可愛くできました。これからも、ずっと一緒に季節を感じていこうね。ずっと一緒だよ、という思いを込めて。

 

伊藤部長「ずっと一緒に、というのが、背中から伝わってきます。飼い主の方と、ワンちゃんとの関係性が伝わる写真にグッときました。せかせかした昨今、ほのぼの感が伝わってきて、癒されました。田んぼの風景にパンジー柄が映えますね」

小林デザイナー「この写真を撮ったのは誰なんだろう、ということまで考えさせてくれる写真でした。飼い主の方とワンチャン、それに撮影者の方、その信頼関係があるからこその写真だと思います。淡々とも思える毎日の生活、普段のお散歩が、素晴らしい一瞬であること、その生活を楽しんでいらっしゃることが伝わってきました」

 

 

 

能登姫様

「花と蝶」

jiityan

初孫のシオリン(当時4か月)にぞっこんの夫。花に群がる蝶々のようにかまっています。リバーシブルを生かし、ロンパースを腰のラインで切り替えました。色もプリントも着心地も最高です。

 

伊藤部長「見た瞬間、あったかい気持ちになりました。おばあちゃんの大事な二人が幸せな瞬間に、マフォンの生地が寄り添えていることがうれしいです。生地のように、花に群がる蝶々のように、という表現も素敵です」

小林デザイナー「おじいちゃんのデレデレのまなざしがいいですね(笑)。写真を撮っているおばあちゃんからも幸せな雰囲気を感じます。幸せ、いっぱいいただきました!」

 

以上の5名の方には、

マフォンの生地1m×5枚のサンクスパック(柄はお選びいただけません)をプレゼントいたします。

 

 

 

 

≪佳作 30名≫

今回は、お名前だけを発表させていただきます。作品は来週のブログで紹介させていただきますね!

Chacco様 / くのん様 / Bonheur Choette様 / hana様 / あゆぴん様 / techisuke様 / わかちこあちこ様 / Schatzi様 / @rio58様 / coco様

ぶんぶん #bunbun0531様 / Mammy(マミィ)様 / たいがママ様 / haruna1221様 / Mana様 / mano_aile様 / maki様 / レイア様 / 晴野 Haruno様 / maomaman 様

金魚百貨店様 / りりぃ様 / free fabric様 / 山本マキコ様 / naomin様 / yontan keck様 / ru.pi.amans様 / mocora様 / nekocan♪様 / memelulu様

 

以上の方には、ハギレセット(40cm×3枚) もしくは ハギレセット(30㎝×4枚)

(柄はお選びいただけません)をプレゼントいたします。

 

 

 

 

本当に素晴らしい作品ばかりで、賞を選ぶの難しかったのですが、同時に、一つ一つの作品から、皆さまのマフォンへの愛を感じられて、感無量でした。本当にありがとうございました。

皆さまの思いをひしと受け止め、これからもお客様に満足していただけるクオリティ、デザインの生地を作り続けていきたいと思っております。11年目のマフォンも、お客様と一緒に歩んでいければ幸せです。

 

第一回マフォン大賞へのご応募、本当にありがとうございました。

 

 

※※※副賞、参加賞のプレゼントについて※※※

現在、新作の発送業務に追われており、大変申し訳ありませんが、プレゼントの副賞、またご応募いただいた方全員への参加賞の発送は10月末ごろとなってしまいそうです。大変申し訳ありませんが、受賞された方、ご応募いただきました方におきましては、到着まで今しばらくお待ちいただけますよう、ご理解のほどお願いいたします。

 

 

来週は、佳作30点をドーンとご紹介いたします。ソーイングのヒントになるようなアイデア作品もたくさんありますよ!楽しみにお待ちください。